結婚式の席次表を決めないと

結婚式と披露宴まで、あと三か月になりました。

決めることがたくさんあると思って張り切っていましたが、まだ三か月あるということもあり、そんなにバタバタしていません。

結婚式と披露宴の招待状はすでに送ってあり、返事を待つばかりの状況です。

返事が帰ってきたら、席次表を考えなくてはなりません。

これが、実はけっこう面倒なのではないかと感じているのです。

というのも、新郎側の出席者数が非常に多くなりそうなのです。

彼のお父様が会社の経営者であることもあり、お付き合いが幅広く、息子の結婚式となると盛大に行いたいと考えていらっしゃる方です。

それはかまわないのですが、席次表を考えるときに、彼のお父様やお母様が招待された方々についてどうしたらよいのか、悩んでいます。

彼は、両親に任せれば良いというのですが。

新婦側の招待客のこともあるので、こちらのこともある程度考慮してもらいたいと思っています。

ひとまず、出席者が確定するまでは他の準備を進めていかなくてはなりません。

結婚式にはさまざまなアイテムが必要ですよね。

もちろん、あってもなくてもかまわないというものもありますが、自分たちらしい雰囲気の式にしたいと思っていますし、こだわりを持って準備をしていきたいと思っています。

結婚式と披露宴の招待状についても、デザインについて納得のいくものを選びました。

こういったカードなどのアイテムも、デザインはこだわりたい方です。

カードを受け取った側がどのように感じたのかはわかりませんが、彼も納得して選んだデザインなので、後悔はしていません。

一生に一度の大イベントなので、自分が決めたことについて後悔しないことが大切なのではないかなと思っています。

席次表のデザインについても、どれが良いかふたりで悩んで決めました。

あとは、出席者が決まってから、配置を考えていくわけですが、だいたいどのような配置が一般的なのかインターネットで調べてみました。

席次表のマナーについてまとめてあるサイトがコチラです。

結婚式の席次表に困ったらココ!

自分側の出席者の配置についてはすぐに決められそうですが、やはり心配なのは新郎側の出席者です。